シグブラ
第101回:沖縄をレンタカーでブラブラ

沖縄をレンタカーでブラブラ

March 29, 2017

久しぶりに沖縄に行ってきた。ポッカリとスケジュールが空いたので、貯まっていたマイルで航空券をゲットしたのだ。ドン曇りの羽田を発ち、富士山も見えないくらいの厚い雲を眺めているうちに、気付いたら那覇空港にランディングだ。どうやらいつの間にかウトウトとしていたらしい。やれやれとSIGMA sd Quattro Hとレンズを詰め込んだバックパックを背に飛行機をあとにした。

空港でレンタカーを借りる。予算がないので選んだのは一番安い軽自動車だ。アップライトなドライビングポジションと、まるで水を含んだ畳にタイヤを付けたような乗り心地に驚きながら沖縄本島を北上する。途中、歴史ある海沿いのドライブインに立ち寄って名物のランチを食す。曇りがちでときおり雨が混じっていた天気だったが、ここまでくると日射しが顔を出した。沖縄らしいビーチが眩しい。

名護の宿にチェックインしたあとは、SIGMA sd Quattro Hを持ってブラブラと散策だ。今回は「X3F」でなく「DNG」で沖縄を記録することにした。現像はAdobe Photoshop Lightroomで行う。処理してもX3F形式よりややノイズが目立ってしまうが、SIGMA Photo Proにはない細かい機能があるのが魅力的だ。飲み屋街でネコを撮り、近隣にあるビール工場を見学をしてできたてのビールに舌鼓を打った。

ほろ酔いで浜に出る。すると雨が降ってきた。まるでスコールである。濡れながらしばらく浜を歩く。夕景にカメラを向けながら歩いていると、良さそうな店があったのでそこで夕食をとることにした。東京より日が長いので活動時間が多いのがうれしい。

翌日は雲が多いものの南の島らしい天気だった。海岸線をレンタカーで縦横無尽に走って様々な風景を収める。離島行きのフェリーが「乗っていきなよ」と誘うが、さらに本島を北上することにする。最北端が近づくにつれ観光客を乗せたクルマがグンと少なくなった。

最北端は美しかった。暖かな風と力強い波を岬に立って全身で味わう。SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMで断崖と白波を撮ったが、飛沫がレンズ前玉に付着して難儀した。こういう場合は風向きに注意してレンズを向けよう。

本島最北端は観光客が少なかった。長時間のドライブを強いられるのと、周囲にお店が少ないからであろうか。のんびりとやんばるの森を走って岬を目指すのも悪くない。ひょっとしたら途中でヤンバルクイナを見ることができるかもしれないからだ。

レンタカーで南下を始める。途中、宜野座で在日米軍海兵隊の演習に遭遇した。水陸両用車が浜から海に入って進んで行くのを初めて見た。その後、半島中央部のモーテルにチェックインし、コザ地区などをブラブラと撮影した。

翌朝は嘉数高台公園に立ち寄った。ここは展望台があり、那覇市方面から宜野湾市、北谷町方向、遠くは読谷村まで見通すことが可能だ。またこの公園は第二次大戦の戦跡が多く残されていて、歴史を振り返ることができる。

展望台から撮影中、先生に引率された学生たちが熱心に戦跡を訪ね歩くのが見えた。その頭上を米軍機が何機も通過していった。今回はDNG形式で撮影をしたが、X3Fと比較してファイル容量が倍増することと、それに伴ってメディアへの記録に時間がかかってバッテリーの保ちがやや悪くなったことをお知らせしておきたい。ノイズ面でもX3F形式が有利に感じた。

那覇に帰る前に再びコザまで足を延ばした。夜がメインの通りはまだ眠っているようだった。Foveon物件を探しながらブラブラしたが、昔に較べてだいぶ街が寂しくなった印象がある。ショッピングストリートやアーケードを丹念に歩いたが、ちょっと心配になるほどのひと気のなさであった。また近いうちにブラブラしに来られるといいなあ、と思いながら那覇に向かうことにした。


三井 公一

プロフィール

三井 公一
1966年神奈川県生まれ。
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービーなどで活躍中。
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影、その作品が世界からも注目されているiPhonegrapherでもある。
2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。
公式サイトはhttp://www.sasurau.com/
ツイッターは@sasurau

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク
Page Top