シグブラ

第1回 シグブラフォトウォークレポート

弊社Webサイトで人気の連載企画「シグブラ(シグマでブラブラ)」。その筆者である写真家の三井公一氏と一緒に、SIGMA DP Merrillを持ってシグマ本社周辺を歩きながら撮影を楽しむイベント「第1回 シグブラフォトウォーク」が2014年5月24日(土)に開催されました。以下イベントの模様をお伝えします。

三井さんより道中の諸注意などをお話しいただいております。

三井さんより道中の諸注意などをお話しいただいております。

シグマ本社近くの川崎市黒川青少年野外活動センターからブラブラを開始いたしました。

シグマ本社近くの川崎市黒川青少年野外活動センターからブラブラを開始いたしました。

当日は好天に恵まれ、絶好のシグブラ日和でした。

当日は好天に恵まれ、絶好のシグブラ日和でした。

撮影ポイントである高台の公園です。遠く厚木、伊勢原方面が望めます。

撮影ポイントである高台の公園です。遠く厚木、伊勢原方面が望めます。

三井さんの撮影スタイルにならい、低く屈んで被写体をパチリ。

三井さんの撮影スタイルにならい、低く屈んで被写体をパチリ。

近くのベンチにおかれていた小さなお花をパチリ。

近くのベンチにおかれていた小さなお花をパチリ。

ランチをいただくイタリア料理店に到着です。

ランチをいただくイタリア料理店に到着です。


気温が高い中を歩いてきたので、お水が格別においしく感じました。

気温が高い中を歩いてきたので、お水が格別においしく感じました。

当日人気のあった、鶏肉メインのランチです。

当日人気のあった、鶏肉メインのランチです。

ランチセットにつくデザートはシフォンケーキでした。

ランチセットにつくデザートはシフォンケーキでした。

午後の部の開始です。多摩の旧道にはお地蔵さんも多数鎮座しています。

午後の部の開始です。多摩の旧道にはお地蔵さんも多数鎮座しています。

多摩エリアを一望できる高台より撮影される三井さん

多摩エリアを一望できる高台より撮影される三井さん

高圧電線をつなぐ高い鉄塔が多数そびえます。

高圧電線をつなぐ高い鉄塔が多数そびえます。

さびたトタン板と、間から顔を出す植物のコントラストが見事です。

さびたトタン板と、間から顔を出す植物のコントラストが見事です。

丹沢山系を望む場所より解説をされる三井さん。

丹沢山系を望む場所より解説をされる三井さん。

再び鉄塔に狙いを定める三井さん。

再び鉄塔に狙いを定める三井さん。

間伐用に切られた木材に苔やツタが生え、経た年月を感じさせます。

間伐用に切られた木材に苔やツタが生え、経た年月を感じさせます。

最後の撮影ポイントである鎮守の神社にて。

最後の撮影ポイントである鎮守の神社にて。


風格のある社を皆さん思い思いに切り取られています。

風格のある社を皆さん思い思いに切り取られています。

社に鎮座する狛犬に見送られ、帰路につきました。

社に鎮座する狛犬に見送られ、帰路につきました。

撮影終了後、シグマ本社にて三井さんによる専用RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro」の使い方講座が行われ、当日撮影した画像をもとに、SPPによる作品づくりのコツをお教えいただきました。皆さん長い距離を歩かれた後にも関わらず、とても熱心に聞いていらっしゃいました。 今回が初めての開催となりました「シグブラフォトウォーク」。ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。今後は場所を変えて第2回目を開催したいと考えています。どうぞご期待下さい。


三井 公一

プロフィール

三井 公一
1966年神奈川県生まれ。
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービーなどで活躍中。
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影、その作品が世界からも注目されているiPhonegrapherでもある。
2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。
公式サイトはhttp://www.sasurau.com/
ツイッターは@sasurau

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク
Page Top